【読者が選ぶビジネス書グランプリ2018】
一般投票開始‼

「ビジネス書を評価するべきは、ビジネスパーソンではないのか?」をテーマに立ち上げた『読者が選ぶビジネス書グランプリ』。「読者=ビジネスパーソン」が価値ある書籍を評価する本グランプリは今年3回目の開催となります。

私たちはコンテンツを本当の意味で評価すべきは「読者」だと考えています。また小説などのフィクションとは異なり、ビジネス書は読者が「価値がある」「効果的、実用的」「有意義、有益だった」と判断することが可能です。そこで、ビジネス書グランプリは、読者=ビジネスパーソンがその年に発売された本のなかから、一番有意義と感じたビジネス書を部門ごとに選定し発表する形式をとっています。

昨年は人生100年時代を提唱した『ライフ・シフト』(リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット著 東洋経済新報社)が総合グランプリに。本賞の受賞後、今年の流行語大賞にノミネートされるまでの話題の大ベストセラーになりました。

グロービス経営大学院、Forbes JAPAN、flierの3社による共同主催で、部門は「イノベーション」「マネジメント」「政治経済」「ビジネススキル」「リベラルアーツ」「ビジネス実務」の6部門。
今回のグランプリでは6部門で計108冊がノミネート。是非、この1年に刊行された数多くの素晴らしい書籍の中から、あなたのイチオシの1冊に投票してくださいね!

投票ページはこちら
https://business-book.jp/vote

このコラムを友達にオススメする
文責:井手 琢人 (2017/12/21)
1
真説・企業論
真説・企業論
中野剛志
未 読
リンク
2
世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?
世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?
山口周
未 読
リンク
3
10年後の働き方
10年後の働き方
未来予報株式会社 曽我浩太郎 宮川麻衣子
未 読
リンク
デザイン思考は組織変革の救世主になりうるか? 【前編】
デザイン思考は組織変革の救世主になりうるか? 【前編】
2016.04.21 update
リンク
人事・人材開発で活躍する方の必読本5冊
人事・人材開発で活躍する方の必読本5冊
2017.10.11 update
リンク