最高のチームづくりのための超厳選5冊
採用から人材育成まで

ALotOfPeople/iStock/Thinkstock

一人でできることには、どうしても限界があります。大きなことを成し遂げたいのであれば、やはり「チーム」の力が必要不可欠です。実際、チームがうまく回っているときは、自分たちの実力以上の成果が出るもの。一方で、チームに問題が生じていれば、マイナスの結果に繋がりかねません。そこで今回は、1+1を10にも100にもする、チームづくりに関する好著を厳選いたしました。チームに関わるすべての人にとって、読む価値のある5冊をあなたに。

キングダム 最強のチームと自分をつくる
キングダム 最強のチームと自分をつくる
著者
伊藤羊一
出版社
かんき出版

どのようなチームにも、リーダーは欠かせません。そしてどんな立場にいようと、リーダーの心得について知ることは、非常に有意義なことなのです。Yahoo!アカデミア学長を務める伊藤羊一氏が、大人気漫画『キングダム』の名シーンや名台詞をベースに、仕事の本質や仕事力の鍛え方を伝授する一冊。現代のリーダーに求められていることが知りたければ、これです。

ヤフーの1on1
ヤフーの1on1
著者
本間浩輔
出版社
ダイヤモンド社

『キングダム 最強のチームと自分をつくる』でも紹介されている、ヤフーの「1 on 1ミーティング」についてさらに掘り下げたい方はこちらを。1 on 1ミーティングとは、「毎週1回、原則30分間、上司が部下と対話する」という制度で、人材の本領を発揮させ、チームや組織を活性化させる仕組みとして、いま注目を集めています。特に、人事担当者、管理職の方は必読の内容です。

採用学
採用学
著者
服部泰宏
出版社
新潮社

良いチームづくりは、良い採用から。科学的な観点から採用活動を分析し、自社なりの新たな採用に挑戦しようとする人にとって、本書ほど適切な書籍もなかなかないでしょう。日本における採用の現状や、世界の採用研究の知見、優秀な人材が集まる会社の特徴や事例など、とにかく情報量が多く、おトクな一冊。採用に課題を抱えているのであれば、読まない手はありません。

超チーム力
超チーム力
著者
リッチ・カールガード マイケル・S・マローン 濱野大道(訳)
出版社
ハーパーコリンズ・ ジャパン

チームマネジメントに関する書籍は数あれど、「チーム力学」に焦点を絞って書かれたものは、あまりないのではないでしょうか。小規模なチームから、1000人を超える超大型チームに至るまで、その特性と管理手法が本書では事細かに解説されています。読み終える頃には、「与えられた課題に対して、適切なチームサイズとは何か?」という視座が養われていることでしょう。隠れた名著ですよ、これ。

日本一働きたい会社のつくりかた
日本一働きたい会社のつくりかた
著者
羽田幸広
出版社
PHP研究所

まさに、チームづくりの「お手本」とも言うべき事例ではないでしょうか。2017年に「最も社員のモチベーションが高い企業」と評価された株式会社LIFULL(ライフル)の取り組みが、この一冊にすべてまとまっています。「ここで働きたい!」と思える会社をつくるのは、簡単なことではありません。だからこそ、本書から得られる学びは、とてつもなく大きいはず!

このおすすめ要約を友達にオススメする
文責:石渡 翔 (2017/10/04)
1
10秒で人の心をつかむ話し方
10秒で人の心をつかむ話し方
加藤昌史
未 読
リンク
2
こうやって、考える。
こうやって、考える。
外山滋比古
未 読
リンク
3
ミレニアル起業家の 新モノづくり論
ミレニアル起業家の 新モノづくり論
仲暁子
未 読
無 料
リンク
普通の営業マンで強い営業チームをつくるには?
普通の営業マンで強い営業チームをつくるには?
2017.08.07 update
リンク
今さら人に聞けない!?押さえておくべきビジネストレンド5選!
今さら人に聞けない!?押さえておくべきビジネストレンド5選!
2015.04.16 update
リンク