結局、話し上手ほど得をする 「伝える」技能を磨く5冊
「以心伝心」で伝わらないものを伝えるために

drante/iStock/Thinkstock

「傾聴」の重要性が頻繁に語られる昨今、「自分が話すよりも相手の話に耳を傾けるべき」と考えている人は少なくないでしょう。とはいえ話し上手が得をするのは、いつの世も変わらないように思います。そこで今回は、「伝えること」「語ること」に関する注目書籍を集めてみました。聞き上手と話し上手は対立するものではありません。うまくバランスを取りつつ、コミュニケーションをとっていきたいものですね。

アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書
アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書
著者
スティーブン・E・ルーカス 狩野みき(監訳)
出版社
SBクリエイティブ

プレゼン(パブリック・スピーキング)の基本書はいろいろありますが、いまのイチオシはこちら。アメリカのハーバード大学、ニューヨーク大学などで教科書として使われているThe Art of Public Speakingの日本語版であり、自分の話を人にわかりやすく伝えたい人が、まず手に取るべき一冊です。

10秒で人の心をつかむ話し方
10秒で人の心をつかむ話し方
著者
加藤昌史
出版社
祥伝社

人前で話す時、もっとも大事なのは最初の「10秒」です。演劇集団キャラメルボックスで製作総指揮を務め、4000ステージ以上で「前説」を行なってきた著者が、「聞き手の心をつかむ話し方」を明らかにした一冊。かなり細かいテクニックや練習方法まで書いてありますので、とくに重要なプレゼンを前にしたときなどにおすすめです。

たった1分で相手をやる気にさせる話術ペップトーク
たった1分で相手をやる気にさせる話術ペップトーク
著者
浦上大輔
出版社
フォレスト出版

こちらは今年テレビでも話題になった、相手の心に火をつける技術「ペップトーク」の最新の解説書です。ペップトークは学校やスポーツの世界だけではなく、ビジネスの現場でも有効だと実証されているとのこと。本書の後半には実践的なワークも書かれていますので、「理論を学んで終わるのでなく、実践に移したい!」という方にぴったりではないでしょうか。著者、浦上大輔氏に「ペップトークの真髄」をお聞きしたインタビュー記事はこちら!

プロフェッショナルは「ストーリー」で伝える
プロフェッショナルは「ストーリー」で伝える
著者
アネット・シモンズ 池村千秋(訳)
出版社
海と月社

最終的に相手の心を震わせるのは、小手先の技術ではなくストーリーです。(とくにビジネスにおける)ストーリーテリングのスキルを身に着けつけたいのであれば、ぜひ本書を読んでほしいです。ロジカルな人であればあるほど、ここに書かれている内容が刺さるはず。

伝えることから始めよう
伝えることから始めよう
著者
高田明
出版社
東洋経済新報社

「話し上手の人は誰か?」と聞かれたとき、ジャパネットたかた創業者の髙田明氏が思い浮かぶ人は多いのではないでしょうか。本書は髙田氏、初の自叙伝。語り口もテレビに出ていた頃の高田氏そのままです。「伝える」ことはあくまで始まりでしかなく、重要なのは「伝わる」こと、という本書のメッセージは「伝える」現場に立ち続けてきた髙田氏だからこそ、説得力があります。

このおすすめ要約を友達にオススメする
文責:石渡 翔 (2017/12/13)
1
真説・企業論
真説・企業論
中野剛志
未 読
リンク
2
世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?
世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?
山口周
未 読
リンク
3
10年後の働き方
10年後の働き方
未来予報株式会社 曽我浩太郎 宮川麻衣子
未 読
リンク
人財育成の新潮流、「成人発達理論」とは?
人財育成の新潮流、「成人発達理論」とは?
2017.03.02 update
リンク
脳科学を味方につけるための本 5選
脳科学を味方につけるための本 5選
2016.12.28 update
リンク