残酷すぎる成功法則
9割まちがえる「その常識」を科学する

未 読
残酷すぎる成功法則
ジャンル
著者
エリック・バーカー 橘玲(監訳) 竹中てる実(訳)
出版社
定価
1,620円
出版日
2017年10月25日
評点(5点満点)
総合
4.3
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
4.5
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

「成功者になれる」「幸福になれる」とうたう自己啓発書は多い。しかしそのほとんどは、著者の個人的な経験にもとづいて成功を説いているか、歴史や哲学、宗教を根拠に書かれているかのいずれかだ。

ベストセラー『マネー・ロンダリング』の著者であり、本書の監訳者でもある橘玲氏によると、こうした本に共通するのは証拠(エビデンス)がないことだという。エビデンスのない成功法則には、当然のことながら普遍性が欠けている。

本書がおもしろい理由もまさにその点だ。というのも既存の自己啓発書に比べ、本書には豊富なエビデンスがあるのである。アメリカで最重要ブロガーのひとりと目される著者エリック・バーカーは、玉石混交の成功法則をエビデンスにもとづいて検証し、どんなときにどのくらい効果があるのか、反証可能な「科学」へと落としこんでいる。

これまで自己啓発本を読んできて、どの主張が正しいのかわからなくなっている人、自己啓発本をうさんくさいと思っている人にこそ、本書を読んでみてほしい。成功はひとつの理論や特性の結果ではない。だからこそ「自分はどんな人間か」「どんな人間をめざしたいか」を加味しながら、そのバランスを調整する必要がある。本書はそのための大きな助けとなってくれるだろう。

画一的な成功を追い求めるのではなく、自分オリジナルの成功を追い求めるのならば、読むべきはこの一冊だ。

岡 和明

著者

エリック・バーカー(Eric Barker)
大人気ブログ“Barking Up The Wrong Tree”の執筆者。
『ニューヨーク・タイムズ』紙、『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙、『タイム』誌などが度々その記事を掲載し、米最重要ブロガーのひとりと目される。脚本家としてウォルト・ディズニー・ピクチャーズ、20世紀フォックスなどハリウッドの映画会社の作品に関わった経歴をもち、任天堂のゲーム機「ウィー」のマーケティングの指針を助言するなど独自の研究に裏打ちされたビジネス才覚は一流企業からも信頼が厚い。世の中のありとあらゆる成功ルールを検証した本書は、初の書き下ろしにして全米ベストセラーに。

本書の要点

  • 要点
    1
    実社会で成功するのは、ある特殊な状況下で強みになる「増強装置」をもっている者だ。増強装置を社会で活かすには、自分を知ること、自分に合った環境を選ぶことが重要となる。
  • 要点
    2
    やり抜く力「グリット」をもっている者は、自分にポジティブなストーリーを語りかけている。
  • 要点
    3
    物事はゲームに見立てるべきだ。とくに(1)勝てること、(2)斬新であること、(3)目標、(4)フィードバックを意識しつつ人生をデザインしよう。
  • 要点
    4
    自信はありすぎてもなさすぎても害になる。重要なのは「自分への思いやり(セルフ・コンパッション)」をもつことだ。

要約

【必読ポイント!】 欠点が世界を変える

成功者になれない優等生
golubovy/iStock/Thinkstock

ボストン・カレッジの研究者であるカレン・アーノルドは1980‐90年代に、イリノイ州の高校を首席で卒業した81人を追跡調査した。すると彼らは大学でも非常に優秀な成績を修めていたことがわかった。大学卒業後も同様である。彼らの多くは社会的評価の高い専門職に就き、総じて恵まれた暮らしをしていた。しかし世界を変革したり、世界中の人に感銘を与えたりする者は誰もいなかった。

ではなぜ高校で優等生だった人たちは、一般社会で大きな成功をおさめられなかったのだろうか。理由は2つ考えられる。

第1の理由は、学校が「言われたことをきちんとする」能力に報いる場所だからだ。学力と知力の相関関係はかならずしも高くない。首席たちの多くも「自分はクラスで一番勤勉だっただけで、一番賢い子は他にいた」と認めている。

第2の理由は、高校のカリキュラムが「すべての科目でよい点を取る」ゼネラリストたち向けになっているからである。学校は学生の情熱や専門知識をあまり高く評価しない。ところが一般社会では真逆だ。特定分野のスキルが高く評価される一方で、ほかの分野の能力はあまり問われないことのほうが圧倒的に多い。

学校には明確なルールがあるが、人生となるとそうではない。だから定められた道筋がない社会で、優等生たちはしばしば勢いを失ってしまうのだ。

ではどういう人が成功者になるのだろうか。ここからは偉大なリーダーになる条件を見ていこう。

増強装置

ハーバードビジネススクールのゴータム・ムクンダは、リーダーを2種類に分けて分析した。

第1のタイプは正規のコースで昇進を重ねた、いわゆる「ふるいにかけられた」リーダーだ。彼らの常識や伝統にならった手法は、どれも似たり寄ったりである。またこうしたリーダーが及ぼす影響力はさほど大きくない。

第2のタイプは、正規のコースを経ずに指導者になった「ふるいにかけられていない」リーダーだ。彼らは異質なバックグラウンドのせいなのか、ことを荒立てずにはいられない。しかし少数だが、このなかから組織の悪しき信念体系や硬直性を打破し、大改革を成し遂げる偉大なリーダーが出てくる。多大なプラスの影響を及ぼすリーダーとは彼らのことだ。

では「ふるいにかけられていないリーダー」はなぜ大きな影響力をもつのか? ムクンダによれば、彼らが他のリーダーと決定的に異なる資質をもつからだという。その正体は普段、ネガティブな性質・欠点だと捉えられつつも、ある特殊な状況下では強みになる「増強装置(インテンシファイア)」だ。

たとえばオリンピック史上最多のメダルを獲得した水泳選手マイケル・フェルプスは、長い上体、短い脚、大きすぎる手足という変わった特徴をもっている。彼はダンスがうまく踊れないし、走るのも苦手だ。しかしこの体型こそが、驚異的な水泳選手になる条件にぴたりと当てはまるという。

増強装置の正しい使い方
Dmytro Lastovych/iStock/Thinkstock

ムクンダは増強装置理論を実生活で活かすためには、2つのステップがあると主張する。

第1のステップは自分自身を知ることだ。あなたがルールにしたがって行動するのが得意な「ふるいにかけられたタイプ」なら、まずは成功へ導く道筋を確認しよう。こちらのタイプの場合、明らかな答えや規定のコースがある場所では功績をあげられるが、道筋がないと迷子になってしまうからだ。

逆にどちらかというと規格外で、「ふるいにかけられていないタイプ」はどうだろうか。こういう性質をもっている場合、既存の体制に従おうとしても、成果は限られる。それよりは自分自身で道を切り開こう。

第2のステップは、「自分に合った環境」を選ぶことだ。

要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
残酷すぎる成功法則
未 読
残酷すぎる成功法則
ジャンル
自己啓発・マインド
著者
エリック・バーカー 橘玲(監訳) 竹中てる実(訳)
出版社
飛鳥新社 出版社ページへ
定価
1,620円
出版日
2017年10月25日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

お金2.0
お金2.0
佐藤航陽
未 読
リンク
平常心のコツ
平常心のコツ
植西聰
未 読
リンク
買う理由は雰囲気が9割
買う理由は雰囲気が9割
福田晃一
未 読
リンク
お金は寝かせて増やしなさい
お金は寝かせて増やしなさい
水瀬ケンイチ
未 読
リンク
群れない。
群れない。
塚本亮
未 読
リンク
未来に通用する生き方
未来に通用する生き方
島崎信 中島健祐
未 読
リンク
社長の「まわり」の仕事術
社長の「まわり」の仕事術
上阪徹
未 読
リンク
ブレイン・プログラミング
ブレイン・プログラミング
アラン・ピーズ バーバラ・ピーズ 市中芳江(訳)
未 読
リンク
1
トップも知らない星野リゾート
トップも知らない星野リゾート
前田はるみ 月刊『THE21』編集部(編)
未 読
リンク
2
会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない。
会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない。
青野慶久
未 読
リンク
3
トヨタ流「5S」最強のルール
トヨタ流「5S」最強のルール
原マサヒコ
未 読
リンク
シリコンバレーの常識、「逆説のスタートアップ思考」を身につけるには?
シリコンバレーの常識、「逆説のスタートアップ思考」を身につけるには?
2017.06.07 update
リンク
新社会人、なにを読むか迷ったらとりあえずこれ!
新社会人、なにを読むか迷ったらとりあえずこれ!
2018.04.11 update
リンク