「学習する組織」入門
自分・チーム・会社が変わる持続的成長の技術と実践

未 読
「学習する組織」入門
ジャンル
著者
小田理一郎
出版社
定価
2,052円
出版日
2017年06月22日
評点(5点満点)
総合
4.2
明瞭性
4.0
革新性
4.5
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

「学習する組織」とは何か。それは、集団としての意識と能力を自発的・継続的に高め続ける組織を指す。本来、学習とは、何かが「わかる」だけではなく、繰り返しの練習を通じて「できる」ようになるところまでを含む。この意味に倣い、本書がめざすのは、自分や組織の「なりたい姿」を理解して終わりではなく、その姿に実際になることである。

こうした持続的成長の技術と実践を解いた名著が、ピーター・センゲの『学習する組織』だ。1990年の初版発行から、世界で250万部を超えるベストセラーとなっている。ナイキ、ユニリーバ、インテル、VISA、世界銀行。名だたる企業組織が、そのエッセンスを組織改革に取り入れている。ただし、『学習する組織』は600ページにも及ぶ大著であり、その内容の幅広さ、奥深さから、自分のものにするまで難しさを感じる読者もいるにちがいない。

そんな読者のために誕生したのが入門編となる本書である。「志を育成する力」「複雑性を理解する力」「共創的に対話する力」の3つと、それぞれを構成する5つの「ディシプリン」についての解説も明快だ。また、理論だけでなく、実践の手引となる演習問題が豊富に盛り込まれている。ここで得られる学びは、組織・経営改革はもちろん、学校や地域、ひいては家庭においても活かせる。

本書の内容を血肉にし、高度な学習能力を磨き、ビジョン実現に向けて一歩を踏み出すビジネスパーソンが増えることを願う。

山崎 華恵

著者

小田 理一郎(おだ りいちろう)
チェンジ・エージェント代表取締役。オレゴン大学経営学修士(MBA)修了。多国籍企業経営を専攻し、米国企業で10年間、製品責任者・経営企画室長として組織横断での業務改革・組織変革に取り組む。2005年チェンジ・エージェント社を設立、人財・組織開発、CSR経営などのコンサルティングに従事し、システム横断で社会課題を解決するプロセスデザインやファシリテーションを展開する。デニス・メドウズ、ピーター・センゲ、アダム・カヘンら第一人者たちの薫陶を受け、組織学習協会(SoL)ジャパン理事長、グローバルSoL理事などを務め、「学習する組織」、システム思考、ダイアログ、などの普及推進を図っている。
ドネラ・H・メドウズ著『世界はシステムで動く』(英治出版)の日本語版解説を担当。共著書に『なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?』『もっと使いこなす! 「システム思考」教本』(以上、東洋経済新報社)など、共訳書にピーター・M・センゲ著『学習する組織』、ビル・トルバート著『行動探求』(以上、英治出版)、ジョン・D・スターマン著『システム思考』(東洋経済新報社)、監訳書にアダム・カヘン著『社会変革のシナリオ・プランニング』(英治出版)。

本書の要点

  • 要点
    1
    学習する組織を支えるのは、「志を育成する力」「複雑性を理解する力」「共創的に対話する力」という、チームにおける3つの中核的な学習能力と、それを構成する5つのディシプリンである。
  • 要点
    2
    5つのディシプリンとは「自己マスタリー」「システム思考」「メンタル・モデル」「チーム学習」「共有ビジョン」を指す。
  • 要点
    3
    重要なのは、5つのディシプリンをもとに、人々がどのように世界観を進化させていくかである。

要約

【必読ポイント】 学習する組織とは何か?

しなやかに進化し続ける組織

本書において、「学習する組織」は以下のように定義される。それは「目的に向けて効果的に行動するために、集団としての意識と能力を継続的に高め、伸ばし続ける組織」である。

ここでの「意識(アウェアネス)」は、行為者がどの程度、外的世界や自分の行動、自分や集団に何が起きているかに気づいているかの度合いを表す。学習する組織の実践において極めて重要なものであり、能力を発揮するための大前提となる。

変化の激しい今日の事業環境において、学習する組織は「しなやかに、進化し続ける組織」となっていく。仮に企業不祥事や再建が必要な事態に陥ったとしても、立て直しができるかどうかは、この「しなやかな強さ」にかかっている。

学習する組織への研さんを続けるにつれ、次のような成果が得られる。まず、風通しがよく、オープンに話し合う文化が育っていく。そして、組織の中で目的、ビジョン、価値観とその意味が共有され、それに基づいた行動がとれるようになる。その結果、事業環境の変化をいち早く察知し、適応しながらも、その核となるアイデンティティを保ったまま、不断の進化を遂げていく。学習する組織の実践は、チーム・組織の文化だけでなく、財務的・戦略的なパフォーマンスにも、大きな効果をもたらしてくれる。

3つの中核的な学習能力とは?
Manuel-F-O/iStock/Thinkstock

学習する組織を支えるのは、チームにおける3つの中核的な学習能力と、それを構成する5つのディシプリンである。まず、3つの学習能力とは何か。

1つめは「志を育成する力」である。個人、チーム、組織が、自分たちの真の望みをイメージし、それに向かって、自発的に変化していく意識と能力を指す。

2つめは「複雑性を理解する力」だ。自分の理解と他人の理解を重ね合わせ、様々なつながりで作られるシステムの全体像と、その作用を理解する意識と能力を表している。

3つめは「共創的に対話する力」である。無意識の前提を振り返り、内省しながら、ともに創造的に考え、話し合うための意識と能力を指す。

これら3つの力は、「自己マスタリー」「システム思考」「メンタル・モデル」「チーム学習」「共有ビジョン」という5つのディシプリンによって構成される。ディシプリンとは、習得しなければならない理論と手法の体系を意味する。いわば武術や芸術の「道」のようなものだ。重要なのは、これら3つの力を統合的に活用し、伸ばしていくことである。

志を育成する力

自己マスタリーとは何か

「志を育成する力」は、5つのディシプリンの中で「自己マスタリー」と「共有ビジョン」から成る。「自己マスタリー」とは、自分が心から求めている結果や未来を生み出すために、自分の能力と意識を、絶えず伸ばし続けるディシプリンである。「自己」とは、主体性を持つこと、物事に当事者性を持つことを意味する。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
「学習する組織」入門
未 読
「学習する組織」入門
ジャンル
スキルアップ・キャリア リーダーシップ・マネジメント 人事
著者
小田理一郎
出版社
英治出版 出版社ページへ
定価
2,052円
出版日
2017年06月22日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

SALES GROWTH(セールス・グロース)
SALES GROWTH(セールス・グロース)
トーマス・バウムガルトナー オマユーン・アタミ マリア・ヴァルディヴィエソ 門脇弘典(訳)
未 読
リンク
優れたリーダーはみな小心者である。
優れたリーダーはみな小心者である。
荒川詔四
未 読
リンク
アルゴリズム思考術
アルゴリズム思考術
ブライアン・クリスチャン トム・グリフィス 田沢恭子(訳)
未 読
リンク
大前研一ビジネスジャーナル No.14
大前研一ビジネスジャーナル No.14
大前研一(監修) good.book編集部(編集)
未 読
リンク
なぜアマゾンは「今日中」にモノが届くのか
なぜアマゾンは「今日中」にモノが届くのか
林部健二
未 読
リンク
レポートの組み立て方
レポートの組み立て方
木下是雄
未 読
リンク
MBA生産性をあげる100の基本
MBA生産性をあげる100の基本
グロービス 嶋田毅
未 読
リンク
すべての組織は変えられる
すべての組織は変えられる
麻野耕司
未 読
リンク
1
OKR
OKR
クリスティーナ・ウォドキー 二木夢子(訳) 及川卓也(解説)
未 読
リンク
2
会社や仕事につぶされない働き方・休み方
会社や仕事につぶされない働き方・休み方
茅嶋康太郎
未 読
リンク
3
MONEY
MONEY
チャールズ・ウィーラン 山形浩生(訳) 守岡桜(訳)
未 読
リンク
リスナーと双方向でニュースを届ける The News Masters TOKYO
リスナーと双方向でニュースを届ける The News Masters TOKYO
2017.10.30 update
リンク
絶対はずせないプレゼンの前に読んでおきたい本 5選
絶対はずせないプレゼンの前に読んでおきたい本 5選
2015.09.03 update
リンク